不動産・中古住宅・新築住宅・土地・アパート・マンション・店舗・調査・住宅ローン・任意売却・買い取り【深谷・埼玉・籠原・児玉・本庄・伊勢崎・太田・大泉・その他】

不動産のことなら大久保不動産事務所へお任せ下さい
●本社/埼玉県深谷市上柴町東5-11-14 TEL.048-551-6100 ●太田店/群馬県太田市飯田町187-2 TEL.0276-30-3377

HOME > 不動産探しのコツ・虎の巻 > マイカーローンは住宅購入の落とし穴!?

不動産探しのコツ・虎の巻

マイカーローンは住宅購入の落とし穴!?

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト


賃貸にお住まいの方も持ち家の方も生活するのに「車」は無くてはならない必需品であり、誰もが興味のあるものですよね。皆さんそれぞれのカッコイイ車、好きな車に乗っていらっしゃると思います。

そんな皆さんが車を手に入れるとき、現金で買う方もいますが、銀行や信販系のローンを利用する方も多いのでは?

しかし、賃貸にお住まいで「わが家もそろそろマイホームを」と思ったときに、
既に車などのローンを利用している皆さんには「思わぬ落とし穴」が…。

答はこちらです
不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

まず、住宅購入に重要な「わが家は、住宅ローンでいくら借りられるか」を説明します。
(各金融機関、お客様の年収にもよりますが、ここでは一般的な平均値で考えます)

住宅購入時、住宅ローンをいくらまで借りられるか = 返済比率40%以内。

金融機関のパンフレットに必ずある返済比率とは、
すべての借入金(ローン)の年間返済額 ÷ 昨年の税込み年収のことです。

すなわち返済比率40%以内とは、
クレジットカード(カードローン、消費者金融カード含む) + クレジット(車、電化製品等) + 住宅ローン合計年間返済額が税込み年収の40%以内ということです。

簡単に言うと、
年収(1年間にもらったお金)の中で、日々の生活を営むための食費や光熱費、学費等のいろんな費用もかかるので、住宅ローンやその他のローンに払えるお金は年収の40%までであろうという考えです。
クレジットカード、カードローンは利用していなくても、カードの限度額から年間返済額を割り出し計算します。(持っているだけで計算されてしまいます)

上記をまとめると、以下のことが言えます。

  1. クレジットカードもなく、何もローンを組んでいない方は、税込み年収の40%まで、まるまる住宅ローンを借りることができます。
  2. 車やその他のローンのある方は、40%から車などのローンの年間返済額を引いたパーセント内で、住宅ローン借り入れ限度額となります。

詳しい例を挙げて見てみましょう。

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

年収300万円の方が、月々10万円の車のローンを組んだとします。

  • 年収300万円 × 返済比率40% = 120万円(☆1)
  • 車月々10万円 × 12ヶ月 = 120万円(年間返済額)(☆2)

(☆1) - (☆2) = 0 = 住宅ローンは借り入れ不可となります。

年収450万円でカード所有なし、クレジットなしの方の場合。

  • 年収450万円 × 40% = 180万円(ローンの年間返済額の上限)
  • 180万円 ÷ 12ヶ月 = 15万円(月々の返済額)
  • 住宅ローン100万円あたりの返済額4,250円(審査基準金利3.7%35年返済の場合)
  • 15万円 ÷ 4,250円(百万円あたりの返済額)= 35.3百万円(3,530万円)

この方の住宅ローンの借り入れの上限は3,530万円となります。

しかし、この方に月々10万円の車のローンがあった場合は…

  • 180万円 - (年間の車ローン分10万円 × 12ヶ月) = 60万円
  • 60万円 ÷ 12ヶ月 = 5万円
  • 5万円 ÷ 4,250 = 11.7百万円(1,170万円)

1,170万円しか住宅ローンの借り入れができなくなってしまいます。

すなわち、車のローン年間120万円分の支払いは、住宅ローンに換算すると、3,530万 - 1,170万 = 2,360万円分の支払いと同じになり、本来3,530万円借りられるのに、車のローンがあると1,170万円になってしまうということになります。

住宅ローンを借りる上で、クレジットは大変な弊害になることを知ってください。

しかし、不思議なことに、逆に住宅ローンがあっても車のローンは問題なく借りることができるケースがほとんどです。(クレジット会社は通常、住宅ローンを持っているのが普通と考えている?)

マイホームを購入前のローンやクレジットカードには要注意です。

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

以前、何も知らずにランクルをローンで買ったばかり、結婚も近いので(婚約者のかたは無職)分譲マンションを欲しいというお客様に上記の説明をし、車のローンの一括返済か、車の売却の方法しかないですと説明しました。

「わかりました。考えてみます」とその場は帰られました。

翌週にご来店、「話を聞いた翌日に車を売ったので、マンションをお願いします」とのこと。大変、潔い(あまり車に執着がなかったのかも)お客様でした。

ページのトップへ