不動産・中古住宅・新築住宅・土地・アパート・マンション・店舗・調査・住宅ローン・任意売却・買い取り【深谷・埼玉・籠原・児玉・本庄・伊勢崎・太田・大泉・その他】

不動産のことなら大久保不動産事務所へお任せ下さい
●本社/埼玉県深谷市上柴町東5-11-14 TEL.048-551-6100 ●太田店/群馬県太田市飯田町187-2 TEL.0276-30-3377

HOME > 不動産探しのコツ・虎の巻 > 不動産に「掘り出し物」??

不動産探しのコツ・虎の巻

不動産に「掘り出し物」??

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト


たまに折込チラシなどに「掘り出し物!」などのうたい文句を見ることがあります。
誰でも「少しでも良い買い物をしたい」と思っていますから、つい目がいってしまいますし、心も動きますよね。

また、あちこちの不動産に頼んであるからそのうちどこかが「掘り出し物」を持ってくるだろうと考えている人もいます。

でも、本当に不動産に「掘り出し物」って存在するのでしょうか?

答はこちらです

「不動産に『掘り出し物』ってあるの?」

はっきり言えますが、残念ながらありません。
そもそも何を例えて「掘り出し物」というのかわかりませんが、多分「相場より安くて、とってもお得な物件」ということだと思います。

不動産業は、購入のお客様だけでなく売却のお客様も多数いらっしゃいますが、「できるだけ高く売りたい」というお客様もいらっしゃれば、「相場よりいくらか安くてもいいから早く売却したい」「早く現金化したいので買い取ってほしい」等のお客様もいらっしゃり、それぞれの事情やケースもさまざまです。

「買い取り希望」は不動産業者が買い取ることで車屋さんなどの買い取り・下取りと同じで相場より安く買って、経費と利益を乗せて相場で売る、いわゆる商行為です。そのような流通システムにおいて「掘り出し物」が世に出回るものでしょうか?

そう、もうお分かりかと思いますが、このような物件はほとんどすべてと言ってよいくらい不動産業者が買い取りますから、一般には出回らないということなのです。

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

不動産仲介業というのは「1円でも高く売りたい家主さん」と「1円でも安く買いたい買主さん」との間に入り、交渉・調整することが仕事です。

その立場で言わせていただきますと、買主さんからいくらか値引き交渉があり売主さんがその値引きに応じたため安く買えた(例:坪20万円の土地が交渉の結果19万円になった)ということはあっても、通常の買主さんが大変安く買えることは少ないのです。

これは安い!!なんて思う物件が広告にあったら「何かある」と思うことが正解です。

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

また、週末に入る不動産チラシに「希少」「掘り出し物」「格安」「破格」「最高」「絶対」「早い者勝ち」等の用語があった場合は注意が必要です。
「不当な顧客の誘引」を防止するため、不動産業者がそれらの言葉を広告に使用すること自体、不動産公正取引協議会で禁止されているのです。

不動産探しのコツ・虎の巻 イラスト

そういえば昔ありました。

資料に「見逃せない物件!!50坪900万円」の誘い文句。

普通なら1500万円はするところの物件です。
見に行ったらネッシーみたいな形をしていて、妙に納得をして帰りました。

ページのトップへ